サービス業(飲食)

顧問弁護士の業界別の探し方について、このページではサービス業、なかでも飲食業に絞って見ていきましょう。

法律事務所ができる取り組み

法律事務所ではサービス業(飲食業)に対し、企業法務・個人法務の知見を生かしてあらゆる法的サポートを行っています。

対応内容は、労働問題対応や各種契約書の就業規則作成、事業承継対応、会社法対応、債権回収、債務整理、知的財産の保護など実にさまざま。

とくに、労務問題・労務相談においては力強いパートナーとなってくれるはずでしょう。

サービス業界(飲食)の抱える法的リスク

人手不足リスク

体力的・肉体的にも負担の大きい飲食業は、もともと人材の供給難でした。そこに近年の人件費高騰が相まって、さらに人手不足リスクが高まっているのが現実です。留学生や外国人労働者を採用するケースも少なくなく、雇用の法的リスクを背負い込む側面もあります。

労務管理・労働時間管理リスク

24時間営業や夜間営業などの営業形態が少なくない飲食業界だけに、労働時間はシフト制で不規則になりがちです。そのため、長時間労働などで労働環境が悪化しやすく、労務管理の法的リスクとは常に隣り合わせ。

残念ながら飲食業における過労死問題も珍しくなく、労務管理・労働時間管理リスクとともに、ブラック企業のレッテルを貼られてしまう信用リスクも付きまといます。

クレームリスク

飲食業では消費者と直に接する機会が多いため、顧客とのトラブルにつながるケースもあります。最近では接客そのものに対するクレームだけではなく、食の安全や、喫煙スペースからの副流煙などに関するクレームなども増加の一途にあります。

お店側はクレームに対して、真摯に対応することが求められるものの、過度な要求や正当な理由のないクレームも少なくありません。そうした問題も、人手不足の一因となっていることでしょう。

サービス業界(飲食)での顧問弁護士の活用方法

サービス業のなかでも飲食業には、上記のような法的リスクが潜在的に存在しています。しかし、これらのリスクは顧問弁護士を活用することで大幅に低減することが可能です。たとえば、人手不足。その理由のひとつに、業界における労務管理・労働環境への不安があげられます。

顧問弁護士による就業規則や、雇用契約のリーガルチェックを通すことで、労働環境を整えることができ、求人数を高めるとともに離職率を下げ、安定した従業員数を確保することができるでしょう。

どのような労働条件や労働時間管理をすべきかについても、店舗が従業員へ支払える給与の割合を鑑みたうえで、顧問弁護士の知見を踏まえてアドバイスします。経営への負荷なく、労務環境を適正化することが期待できることでしょう。

適正化できていれば、クレームを受けても法的理由のない内容には毅然としてシャットアウトすることもできるようになり、従業員の精神的負担を大きく軽減することができます。