経営改善・再建・資金繰り

企業が気を付けるポイント、解決方法

資金繰りの悪化や倒産の危機に襲われた場合、事業再生が可能かどうかを精確に判断できるかがとても重要となります。

パニックに陥って判断を誤ることがもっとも危険なので、冷静に判断でき、かつさまざまな手続きを代行できる弁護士に依頼することが解決への近道のひとつです。

弁護士に依頼するメリット

経営改善や事業再生を弁護士に依頼するメリットは、法的整理すべきか私的整理すべきかなどを、法律の専門家の目線から的確に判断できる点があげられます。

裁判所の管理下ながら法的整理でスムースに再生を目指すのか、難易度は高いながらも破綻のイメージがつきにくい私的整理で再生を目指すのか、どちらの方法が会社の利益となるのかを、法的知見と客観的な判断から最適な方法を提案してくれるはずです。

また、今後必要となる経営戦略と事業戦略の見直しをはかれるのも、弁護士に依頼する強み。経験豊富な実績をもつ弁護士なら、的確な現状分析ができるため、資金・清算・法的整理・私的整理の観点から再生可能かを判断できるため、的確な戦略を描くことができます。

弁護士側の対応内容

経営改善・経営再建の弁護士の対応は、はじめに資金繰りの面から支払猶予などが必要となる負債有無、自社に持続可能な収益事業は存在しているのか、不採算部門の処理・人員整理などは可能なのか、などについて入念にリサーチします。これらを考慮して分析することにより、資金繰りができて事業再生が成功できるのかを判断しえいくわけです。

もし、自力での改善が見込めない場合は、法的整理や私的整理などでの再生を目指すことになります。この場合も、弁護士が法的知見と経験をもとに的確なアドバイスをしてくれるので、心配はありません。

経営改善や事業再生では、ときに税務や会計など多角的な視点からの分析・支援も必要となってきます。その場合、税理士や会計士などと連携して企業をサポートすることになるため、独自のネットワークをもっている弁護士・法律事務所ならなおいいでしょう。

対応費用

経営再建や事業再生では、一般的に相談料・着手金・成功報酬が弁護士費用として求められます。法律事務所により異なるものの、成功報酬は着手金の2倍が相場。

なお、これらの弁護士費用のほか、事業再生では裁判所に納める予納金も必要となるので留意が必要です。

企業法務全般に関わる費用と
対応している法律事務所を確認する