大本総合法律事務所

ここでは、東京で企業法務を行う「大本総合法律事務所」についてまとめています。事務所の特徴やサービス内容、費用、弁護士の経歴などをご紹介します。

大本総合法律事務所の企業法務

対象企業のリスク精査でM&Aを包括的に支える

大本総合法律事務所では、企業法務の一つであるM&Aにおけるデューデリジェンス(調査)を提案しています。大本総合法律事務所が行う対象企業の調査では、ビジネスや財務、法務の調査のほか、環境リスクやITシステムのリスク調査を実施する場合も。リスク調査はM&Aにおいて重大な要素となるため、デューデリジェンスをもとにリスクや問題点を踏まえた上で契約書を作成します。M&Aの実務を専門的に行う会計士や弁護士が、対象企業の調査を円滑に行い、M&Aにかかるリスクや問題を総括的にサポートしてくれます。

法律・税務・労務を一貫して行う総合的サービス

大本総合法律事務所では、新たな顧問契約制度として、「法律顧問」「税務顧問」「労務顧問」の3つの柱からなる「COME ON THREE」を導入しています。法律顧問サービスでは、日常的に生じるトラブルに対して迅速に対応するほか、インターネット上への書き込みの削除申請にも柔軟に対応。税務顧問サービスでは、給与計算や記帳代行、申告業務代行など、クオリティにこだわったサービスを提供しています。労務顧問サービスでは、労務管理をはじめ、助成金の申請代行などを提案。3つの分野の業務を、顧問契約の範疇でリーズナブルに提供してくれます。また、M&Aに対するアドバイスを低価格で提供する組織を立ち上げ、より総合的な法律事務所へと躍進しています。

対応内容・業種

  • 一般企業法務M&A
  • ベンチャー
  • 不動産取引/環境
  • コンプライアンス
  • 労働法務
  • ファイナンス
  • IT/ベンチャー

企業法務に関わる費用

  • 記載なし

大本総合法律事務所の代表弁護士や所属弁護士の経歴

代表弁護士:大本 康志

経歴

  • 中央大学 法学部 法律学科(民事法)
  • 一橋大学大学院 経営法務 国際企業戦略研究科(知的財産プログラム)
  • 刑事弁護プロ養成講座(「裁判員制度」対応)

所属団体・役職など

  • 日本弁護士連合会
  • 第二東京弁護士会

大本総合法律事務所の特徴

ハイクオリティのリーガルサービス

大本総合法律事務所は、東京をはじめ、大阪、名古屋、福岡、金沢に支店を持つ、グループ弁護士事務所です。在籍する弁護士は、現時点(2019年11月)で20名。社会保険労務士法人と税理士法人を新たに立ち上げ、労務・税務に特化したリーガルサービスを提供しています。お客様の真のニーズを追求し、適切に現状を把握しつつ新たなチャレンジに挑み、日本における代表的な法律事務所を目指しています。特に力を入れている領域は、被害者側の交通事故、刑事事件、不動産案件の3つです。

案件ごとに適正価格を設定

大本総合法律事務所では、一般法律相談の場合で、相談費用を45分7,500円に設定しています。その他、交通事故トラブルや相続、訴訟、内容証明、債務整理、離婚問題、刑事事件など、それぞれの案件で着手金や成功報酬などを設定。遠方への出張が必要な案件については、交通費のほか、日給が追加される場合もあります。

大本総合法律事務所の基本情報

所在地 東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウサウスタワー17F
アクセス JR・東京メトロ丸の内線「東京駅」 京葉線1(北側)より徒歩2分
八重洲口・東京メトロ銀座線「京橋駅」7番出口より徒歩4分
営業時間 平日:9:00〜19:00